Flashes for EURUSD

FXトレード日本一決定戦(WTC)ロビンスカップ準優勝のEA!10年以上右肩上がりのスキャルピングで相場のエッジを鮮やかに切り取る

【EA概要】
トレードタイプ:スキャルピング
通貨ペア:ユーロドル
時間足:1分足
ポジション保有時間:数十分~数時間程度

【きわめてシンプルなロジック】
MT4標準のインジケーターのみ使用しているシンプルなロジックです。
王道のトレード手法で過度な最適化を行っていないため、長期間通用します。
また非常に軽い作りであり、EAの動作がトレードに影響する事はありません。

【10年以上右肩上がりの収益】
1日1~3回程度の高頻度トレードにも関わらず、勝率は7割、
また収益は、10年以上の長期で右肩上がり
を続けています。

【優位な押し目買い、戻り売りを徹底的に狙う】
FXは相場の7割がレンジ相場、3割がトレンド相場と言われています。

このロジックはレンジ相場と緩やかなトレンド相場を得意としています。
相場の8~9割が得意な状況となります。
なるべく直近の底値で買って高値で決済する、または高値で売って底値で決済する、
を繰り返します。

残りの1~2割のトレンド相場にて発生する急激なトレンド転換で
損切して損失を最小限に抑え、また得意な相場状況になるまでじっと待ちます。

指値、逆指値の設定値はありますが、あまりかかる事はなく、
自動的にポジションを解消します。

スキャルピングなので、スプレッドがなるべく小さい証券会社をお勧めします。

大抵のスキャルピングEAと同様、大きな指標時や要人発言の急変動は得意ではありません。
従って、大きな指標時や要人発言の時は停止すると、パフォーマンスは更に向上します。


直近20~30分間の値幅が数pips程度の時、閑散相場の場合はスプレッド損となりやすく、
またボラティリティが大きい中の収束相場の場合はトレンド転換しやすいので、
あまりエントリーしません。

直近20~30分間の値幅が40~50pips以上の時、ボラティリティが大きく、
逆指値にひっかかりやすくなったりトレンド転換しやすいので、
この時もあまりエントリーしません。

© 2018- Trader Kaibe